学校長挨拶

滋賀県立水口東中学校・高等学校のウェブサイトにアクセスいただき、ありがとうございます。

本校は、昭和50年に現在の甲賀・湖南地域の強い高等学校開設要請を受けて設立され、以来44年が過ぎ、地域に根ざした進学校として進んでまいりました。そして平成15年には県立中学校が開校し、併設型中高一貫教育校として新たなスタートをきり、今年で17年目を迎えています。
この間、13,000名以上にのぼる卒業生は、この地域のみならず国内、海外の様々な場所、分野で活躍をしています。また、SGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト校としての取り組みをはじめ、今までの本校の教育諸活動の取り組みを検証し、継承する取り組み、改革する取り組みを見極め、さらなる成果を目指して教育活動を進めています。
地元企業との連携による探究活動をさらに充実発展させ、現在、そしてこれからの世界に共通する課題を同世代の若者とともに考察する経験をすることで、学びの本質とそのおもしろさに触れ、主体的に学ぶ態度を育成します。同時に、それぞれの国や地域についての認識を深め、世界の人々と協働する課題解決能力を持ちながら、それぞれが暮らす地域でも活躍することのできるグローカルな人材を育成したいと考えています。
そのため、それらの基礎となる学力形成のため、読み解く力をつけさせるため、論理的思考力や表現力の育成を基本においた授業展開、ICT機器の活用、高大連携、海外との交流などを通し、学びを深める教育活動を進め、教職員一丸となって生徒に学ぶことの楽しさを提供してまいります。

令和元年(2019年)5月
滋賀県立水口東中学校
滋賀県立水口東高等学校
校長  岨 中 貴 洋