水口東の特色

夢未来探究

水口東では、「総合的な学習の時間」を「夢未来探究」と呼んでいます。高校からの入学生は3年間を通して、中学からの入学生は6年間を通して自らの研究課題について深めていく活動です。

自分の調べたい内容や課題に感じることがらについて、文献などから知識を得たり、実際に現地で体験活動をすることで肌で感じたりして、視野を広げ、いろいろな角度から考えを深めていきます。

自分たちの調べたことや考えたこと、社会への提案などをわかりやすくまとめる技術や、魅力的なプレゼンテーションのテクニックについても身に付けることができます。

また、これからの未来についての考察を深めることで、自らの生き方を追究していくことにもつながります。
 

 

高大連携事業

水口東では、県内外の国公立大学と連携し、高校と大学を結ぶ様々な事業を行っています。

実際に大学を訪問し、大学の講義を受けたり、授業の中でワークショップに参加したりすることで、大学での学びをプレ体験することができます。

この事業には、高校生だけでなく、水口東中学生も参加することができます。大学ってどんなところだろう、どんな勉強をするのだろう、という疑問や不安を少しでも解消し、早くから進路への意識を高めていきます。

 

国際交流活動

水口東では、オーストラリアのHAS(Hillbrook Anglican School)と姉妹校として相互交流を行っています。派遣年には、オーストラリアのブリスベンを訪れ、HASでの学校生活やホームステイを体験します。受け入れ年には、HASからの留学生のホームステイを受け入れたり、本校で一緒に授業やクラブ活動を楽しんだりします。

この事業には、高校生だけでなく、水口東中学生も参加することができます。お互いに家族ぐるみで関わることのできる安心感と、1年越しになつかしい顔に会える喜びは、相互交流ならではです。

この活動をとおして、英語への関心が高まるのはもちろんですが、視野を広げ、また外側から自分を見つめることで、自分自身の考え方や生き方、在り方を改めて見直す機会にもなります。