本文へスキップ

スクールライフ


トップページ>スクールライフ>トピックス

トピックス(平成28年度)


「第62回青少年読書感想文コンクール(主催:公益社団法人全国学校図書館協議会、
毎日新聞社)」において、高校1年 井上海月さん、同じく1年 田代秋華さんが佳作を受賞しました!


高等学校卒業証書授与式を挙行しました
  平成29年3月1日(水)午前10時から本校体育館において、多数の御来賓や保護者の方にご参列いただき、水口東高等学校 第40回卒業式を挙行しました。
 式は国歌斉唱、校歌斉唱に続き、卒業証書が授与されました。続いて学校長式辞では、卒業生に対し、常に心がけてほしいこととして2つを示されました。一つ目は「志をもってほしい。」この内容については、幕末の思想家・教育者で松下村塾を開いた吉田松陰の「菲才或いは敗を致すも 素志は終に摧けず」という言葉を紹介してお話がありました。二つ目は「生まれ育った郷土を大切にしてほしい。」この内容については近江商人や三方よし精神などを引き合いに出され、いつの日か何らかの形で地域の役に立ってほしいとのお話がありました。
  このあと、来賓の方のご紹介・祝電披露に続き、非才或いは敗を致すも 素志は終には摧けず在校生代表からの送辞があり、続いて卒業生代表から高校生活を振り返りながら、教職員や保護者への感謝の気持ちを込めた答辞がありました。
 最後は「蛍の光」斉唱で式を閉じ、3年生274名が水口東を巣立っていきました。
   
   
   
   




平成28年度皆勤賞表彰式を行いました

  平成29年2月28日(火)同窓会入会式に引き続き、皆勤賞表彰式を行いました。
    今年度の皆勤賞授与者は3年生7クラスのうち41名です。
 校長から代表者に皆勤賞の賞状と記念品が贈られ、受賞者に対して「おめでとう」の言葉がかけられました。

 

高等学校 同窓会入会式が行われました
  平成29年2月28日(火)午前10時から第40回滋賀県立水口東高等学校同窓会入会式が
 行われました。
同窓会長からは、ご自身のお仕事や少年サッカーを指導されてきた経験に基づくお話などを
ご披露いただいた後、3年生に対して一番早い「卒業おめでとう」のお言葉をいただきました。
  その後、同窓会長から「記念品目録」が生徒代表に贈られ、閉式となりました。

   
   

甲賀・湖南市チャリティーゴルフ大会実行委員会様から、サッカーボール20個をご寄贈いただきました。ありがとうございました。大切に使わせていただきます。


中3 「バイオ体験実習―酵素の力でチーズを作ろう−」を行いました。

 2月23日(木)生物教室で中学3年生を対象にバイオ体験実習『酵素の力でチーズを作ろう』を行いました。
 この実習は、長浜バイオ大学と水口東中学校の中大連携講座として行われたもので、長浜バイオ大学の先生が直接授業を担当してくださいました。
 
授業の内容は、はじめに酵素についての説明を聞いた後、実際にチーズ作りを体験しました。
 温めた牛乳にナチュラルヨーグルトをひとさじ加え、静かにかき混ぜ、さらにその中に消化酵素「キモシン」の溶液を加え、手早くかき混ぜてしばらく放置します。その後、キッチンペーパーを使って、少し固まった牛乳を絞り、液体成分を取り除いたものに、塩をほんの少し加えれば、フレッシュチーズの出来上がりです。
 中には力が入りすぎてキッチンペーパーが破けた人もいましたが、ほとんどの人が上手にチーズを作ることができました。その後、試食する人もいて、楽しい実習でした。
 チーズ作りの後は、チーズの種類や歴史、消化酵素「キモシン」が子牛などからしか取れないことの説明がありましたが、さすがに大学の先生のお話だけあって、中学生には少し難しい内容もありました。
 最後にみんなで後片づけをして、2限にまたがった授業もあっという間に終了しました

   
   
   
   





中3 「ロボットプログラミング授業」を行いました。
  1月31日(火)CALL教室で中学3年生を対象に「ロボットプログラミング授業」を
 行いました。
  この授業は、技術分野のプログラミング授業の一環で行われ、3〜4限は3年A組が、
 5〜6限は3年B組が授業を受けました。
  講師は、NPO法人コアネット関西本部の6人の皆さん。
  授業の内容は、フローチャートなどプログラミングの基本を教わった後、各自がパソコンを
 ロボット(センサー付きでモーターで動く小さな3輪車)につないで、プログラミングして
 いきます。
  プログラミングに成功すると、マットの白黒にセンサーが反応し、黒いレーンの上を走り
 ますが、失敗すると同じ場所でぐるぐる回ったり、マットの外に暴走したりと思うように
 走りません。うまくいかない生徒は、コアネットの方にアドバイスをもらって、プログラムを
 修正し、再度挑戦していました。
  なかには、走るスピードを自在に操作して、プログラミングを楽しむ生徒の姿も見受けられ
 ました。 

     
     
     
     



第3回本部役員会、第2回本部役員選考委員会および第2回役員会を
  開催しました。

   
1月28日(土)午前10時から本校セミナーハウスで、第2回役員会に向けて第3回
  本部役員会を開催しました。
   また、午前10時30分からは同じく第2回役員会に向けて、第2回本部役員選考委員会を
  開催しました。
   引き続き、午前11時からは第2回役員会を開催しました。内容は、水口高校との合同
  要望活動の報告、28年度の事業中間報告および会計中間報告、29年度の本部役員・役員会
  構成についてなどを議論いただきました。
   寒い中、またお忙しい中、役員の皆様にはご出席いただき、ありがとうございました。




中学吹奏楽部 アンサンブルコンテスト県大会で銀賞受賞!
 
1月14日(土)守山市民ホールで開催された「第45回滋賀県アンサンブル
 コンテスト中学校滋賀県大会」に木管八重奏で出場した本校吹奏楽部が、
 銀賞受賞と優秀な成績をおさめました!




本校生徒による雪かきの様子が地元の回覧板で紹介されています。
  1月18日(水)東古城が丘区の回覧板で、15日(日)本校野球部員が新池前道路の
 雪かきを行っている様子が紹介されています。区長様からはご丁寧にお礼の電話まで
 頂戴しました。このほか、近隣の方から本校生徒による雪かきボランティアに対する
 お礼の手紙やお電話も数件いただきました。
           





高校生のための『滋賀の教師塾』出前講座が開催されました。
  1月17日(火)放課後3時45分からセミナーハウスにおいて、高校生のための
 『滋賀の教師塾』出前講座が開催されました。
  この催しは、高等学校在学者に、教員の仕事の魅力ややりがいを積極的に発信し、
 教員志願者の拡大を図ることを目的に「滋賀の教師塾」が主催するもので、教師希望の
 生徒ら25名が参加しました。
  内容は、教師塾の草野事務局長のご挨拶に続いて、県教委 教職員課の中尾主幹に
 よる講義「滋賀の教育の現状」「教員採用に向けて」がありました。
  その後、水口東高校出身で現役の教師をされている能登川東小の山中先生、石部中の
 中井先生、石部高校の音羽先生、八日市養護学校の小林先生を囲んでグループに分かれて
 座談会に移りました。  
  座談会では先生方から現在のお仕事の中身や教師をめざしたきっかけ、仕事上のやり
 がいや苦労についてのお話や、生徒からは高校時代の過ごし方をはじめ様々な質問が
 出て非常に盛り上がっていました。
  座談会は一定の時間ごとに講師の先生方がグループをローテーションしてくださり、
 生徒たちは4人の先生から貴重なお話を聞くことができました。
     
     
   




中学「カルタ大会」を行いました。
  1月11日(水)4時間目、多目的室およびセミナーハウス2階和室において、
 中学校小倉百人一首カルタ大会を行いました。
  例年とは違って、今年は学年別ではなく、1〜3年生が入り混じって数人のグ
 ループを作り、各グループ内で枚数を競いました。
  上の句の冒頭部分を聞いただけで取る人、お手つきを恐れず果敢にチャレンジ
 する人、片や下の句が終わっても皆でにらめっこしているグループもあったりと、
 グループごとに様々でしたが、みんなで和やかに楽しく盛り上がった1時間でした。
     
     




3学期スタート!
  1月10日(火)1時間目の大掃除に続いて、体育館で3学期の始業式を行いました。
  3学期は4月からの1年を締めくくる大切な学期であり、また高校3年生にとっては
 大学入試が本格化する時期でもあります。一方、中学入試や高校入試、卒業式などの行事が
 目白押しの学期でもあります。
  校長から生徒たちに3学期を迎えるにあたっての心構えなどについてお話がありました。
  始業式終了後には、1月に広島で行われる「全国都道府県対抗男子駅伝」に県代表として
 出場する3年の川崎君の壮行会が行われました。



中学吹奏楽部 アンサンブルコンテスト地区大会で金賞受賞!
 県大会出場へ!

  12月25日(日)守山市民ホールで開催された「第45回滋賀県アンサンブル
 コンテスト中学校中部地区大会」に木管八重奏で出場した本校吹奏楽部が、見事
 金賞を受賞!
  来年1月14日(土)に開催される県大会への出場が決まりました!




2学期終業式を行いました。
   12月22(木)午前10時から体育館で、2学期の終業式が行われました。
   校歌斉唱に続いて、校長から2学期を振り返ってのお話や冬休みの過ごし
  方などについてお話がありました。
   終業式に引き続き、教務課はじめ各課からの連絡があり、その後、生徒会
  から2学期の部活動などの成果披露がありました。
   引き続いて、19日の「甲賀探究」学年別発表会で選ばれた2グループの
  発表があり、さらに続けてSGC(スーパーグローバルクラブ)の発表もあり
  ました。



高1外務省高校講座を行いました。
  12月20日(火)4限に多目的ホールで高校1年生を対象に「外務省高校講座」を行い
 ました。
  講師は外務省大臣官房総務課の前田雄大さん。前田さんは入省10年目で、米国やナイジェリ
 アなどの海外勤務の経験をお持ちです。
  講演は『あるサンタクロースからのメッセージ』と題して、ご自身の経験を踏まえて外務省
 は“1つのアップルパイを他の国よりいかにたくさん取ってくるか”が仕事との例え話で始まり
 ました。
  また、“サンタクロースはいるの?”といったネット上での問いかけに対する“サンタはいます”
 の答えを例に出し、“あなたも将来こうした「サンタの代わり」を担うことがあるかもしれませ
 ん”との話がありました。
  このほか、ご自身の学生時代、外務省でのご経験をもとに、漫画、ラグビーなど多彩な話題を
 切り口にして、努力することの大切さ、夢を持つことの大切さなどについて、熱く語ってくださ
 いました。

     
     
     




高1租税教室を行いました。
  12月20日(火)3限に多目的ホールで高校1年生を対象に「租税教室」を行いました。
  本校卒業生で現役の税理士さんを講師に招いてお話いただきました。
  税金については、高校生には縁遠い感じもしていましたが、身近な例を上げて、税金を取り
 上げていただき、ふだんのくらしの中でどのように税金が使われているかお話いただきました。



高2小論文講座を行いました。
  12月19日(月)3〜4限に本校格技場で高校2年生を対象に「小論文講座」を行いました。
  学研アソシエの大堀精一さんを講師に招き『小論文を通してグローバル社会を考える』と題して、
 90分余お話しいただきました。
  お話のなかでは、小論文の大切なこととして「物事を違う視点から考える」「社会について知ら
 ないと書けない」の2つのポイントを軸に展開されました。
  講座の中では、資料を読んでグループごとに話し合った結果を発表したり、グローバルに関しての
 課題をグループで話し合ったりと、単なる座学にとどまらず、活気にあふれた講座でした。

     
     





中3 保育実習を行いました。
   中学3年生が、12月13日(火)と14日(水)のいずれも午前中に中学3年の
  保育実習を行いました。
   水口西保育園のご協力のもと、13日はA組、14日はB組が実習を行いました。
   はじめは、慣れずに戸惑い気味の生徒たちでしたが、次第に慣れてきて一生懸
  命に園児たちと交流していました。




共同演劇鑑賞を実施しました。
   12月15日(木)午後0時40分から、あいこうか市民ホールで共同演劇
  鑑賞を実施しました。
   共同演劇鑑賞は昭和59年に甲賀郡内の6校でスタートしたもので、今年は
  甲賀市内の12校が参加。本校からも中1から高2までの生徒が鑑賞しました。
   今回鑑賞したお芝居は、劇団自由人会による『知覧のさくら』です。
   舞台は昭和20年春−鹿児島県知覧の特攻基地近くに鳥濱トメが経営する富屋
  食堂があった。そこは学徒として召集され特攻兵にとって出撃するまでの短い
  時間を憩うことのできる唯一の場所だった。生還率ゼロの出撃命令。トメの食堂
  で過ごした若者たちが南の空に散っていく…。死の瞬間まで鋭敏な魂と明晰な
  知性を働かせ、生命いっぱいに生き抜こうとした若者から、今生きる高校生たち
  に投げかける、魂のメッセージを君たちはどう受けとめますか。
                              (公演パンフ、劇団HPより)
   重いテーマを扱った作品で、休憩なしの2時間でしたが、みんな熱心に鑑賞し
  ていました。
   また、14日の昼公演後には劇団員の方々と、各校の演劇部員等との交流会が
  行われ、本校からも演劇部員が参加しました

       




中学2年 親子活動を実施しました
 12月8日(木)5〜6限に本校体育館で中学2年親子活動として様々なニュースポーツを
 体験しました。
   当日は、6名の甲賀市スポーツ推進委員の方を講師に招いて、生徒80名とたくさんの
 保護者の方にも参加いただきました。 参加者を10名程度のグループに分け、班別対抗で
 それぞれの種目を競い合いました。
  外は冷たい風が吹いていましたが、体育館の中は熱気でいっぱいでした

     
     
     




中学校「文化発表会」を開催しました。
   11月22日(火)午後、あいこうか市民ホールにおいて、中学校の平成28年度文化発表会を
  開催しました。
   この発表会は水口東中学校創立以来、毎年行われている“伝統”行事です。
   内容は開会式に続いて、「合唱コンクール」が行われました。コンクールはクラス対抗で、
  歌うのは、学年別の課題曲とクラスごとに選んだ自由曲の2曲です。1年A組から順に3年B組
  まで合唱が披露されました。どのクラスも練習の成果を発揮して、心のこもった歌声を響かせて
  くれました♪
   続いて、文化発表の第1部として合唱部の歌声が2曲披露されました。

     
     

   休憩をはさんで、文化発表の第2部は、2年生が9月に行った「職場体験学習」の発表が、
  また、3年生は「学問調べ」の発表がありました。最後に合唱コンクールの成績発表があり、
  発表会は幕を閉じました。
   なお、発表会当日、ホワイエでは1年生の写生作品や保健委員会の作品展示も行われました。
   保護者の方もたくさんお越しくださり、生徒たちの合唱や発表を熱心に聞き入ってください
  ました。

     
    





■高校1年「甲賀探究」現地研修を実施しました。

 11月10日(木)午後、高校1年生が「甲賀探究」の一環として、市内の企業
や事業所を訪問しました。

 今年度は、交通や防災、環境や資源、シティーセールスなどの11分野に分かれ、
「私たちの住むまちをよりよくしていくための提案」をテーマとして、班ごとにプ
レゼンテーション発表をすることを目標に、事前の準備を進めてきました。現地研
修当日は、生徒による提案や体験学習、ワークショップ等に取り組み、また研修先
の方のお話に耳を傾けながら、貴重なアイデアやアドバイスをいただくことができ
ました。なお、この成果は、
12月に発表会を開いて全校に発信していく予定です。

[ご協力いただいた事業所様](順不同・敬称略)
・あいコムこうか
・甲賀農業協同組合(JAこうか)
・水口テクノス
NPO法人甲賀の環境・里山元気会
・京都大学生存圏研究所MUレーダー
・甲賀公共職業安定所(ハローワーク甲賀)
・甲賀市社会福祉協議会
・甲賀市国際交流協会
・甲賀市人権推進課人権教育室
・甲賀市役所総合政策部公共交通推進室

   
   
   
   


中3修学旅行に行ってきました。

  中学3年の一行は、11月9日(水)〜11日(金)2泊3日の日程で沖縄へ
 修学旅行に行ってきました。
  1日目はお昼前に那覇空港に到着。バスで「平和の礎」に向かい「近江の塔」で
 平和セレモニーを行いました。セレモニーの中では、みんなで折った千羽鶴の献呈や
 「HEIWAの鐘」の合唱をしました。その後、平和祈念資料館を見学し、轟壕に
 移動し、真っ暗な内部を見学しました。

     
     
     

   この後、民泊先の南城市に向かい、クロスロード公園で入村式がありました。式の
  なかでは「歓迎の舞」があり、みんなで見入っていました。
   歓迎式の後、民泊グループごとに分かれ、お世話になるお家の方の車で民泊先に向か
  いました。

     
     


  民泊先で1泊2日の実生活体験を過ごし、翌日午後2時から再び全員が集合し、離村式が
 行われました。3年一行からお礼の意味も込めて「HEIWAの鐘」を合唱しました。その後、
 民泊先の皆さんと一緒に記念撮影をしました。

     
     
     


  南城市をあとにした一行は、続いて3グループに分かれ「個人選択学習」に向かいました。
  1グループは海岸で「イノー」、もう1グループは室内で「くちゃ石鹸作り」を、もう1
 グループは「やえせいやしのホロホローの森自然観察」楽しみながら体験していました。

     
     
     


  2日目の夜は、夕食後ホテルでレクリェーションの時間がありました。レク係の司会で
 ゲームなどを楽しみました。
  3日目の午前中は、国際通りで班別自主研修しました。自主研修後、那覇空港を出発し、
 伊丹空港経由で夕方、学校に帰着しました。

     







中学3年 親子活動を実施しました。

  11月4日(金)3〜4限に本校体育館で中3親子活動として様々な軽スポーツを行い
 ました。
  当日は、多くの保護者の方にも参加いただき、生徒たちのA〜Cチーム、保護者さんの
 Dチームの4つのチームに分かれて競いました。
  最初は遠慮がちでしたが、後半には親子ともども熱中し、白熱したゲームが繰り広げら
 れました。

       
       
       
       







中学校 校内マラソン大会を行いました

  10月20日(木)3〜4時間目に、恒例の中学の校内マラソン大会を行いました。
 昨年までは1月末に行っていましたが、今年からは10月開催になりました。
  コースは、古城が丘公園および古城山遊歩道で、男子は約3km、女子は約2kmの
 区間を走りました。
  校長先生の合図で2年女子からスタート、その後2年男子、1年女子・男子、3年女子・
 男子の順で次々にスタートしていきました。
  秋晴れの空の下、生徒たちはみんな頑張って走っていました。
  最後に閉会式が行われ、1〜3年を通して、男女別に成績上位の10名の発表があり、
 後日に中学集会で賞状が授与されました。
     
     
     




中学2年生「職場体験」の記録写真を掲載しました。

       
       
       
       
       
       
       
       
       
       





中学1年生 親子活動を実施しました。


  10月11日(火)5〜6限に中1親子活動を体育館で実施しました。
  この活動は、親子でニュースポーツを体験する機会を設け、身体を動かすことの
 楽しさを再認識し、親子の絆をさらに深めることを目的に実施しました。
  講師は甲賀市スポーツ推進委員の方にお願いしました。初めて取り組む競技に、
 生徒も保護者も最初は戸惑っていましたが、講師の方の指導により、すぐに慣れた
 様子でニュースポーツを楽しんでいました。
     
     
     



避難訓練を行いました。
  9月15日(木)午後2時50分から避難訓練を行いました。
  今回の訓練は震度5強の地震の後、校舎の一部から出火したという想定で
 行われました。
  地震発生の放送後は、生徒はただちに机の下などに身を隠し安全を確保。
 その後、揺れのおさまりと火災発生の放送後は、クラスごとに避難経路に従い
 グラウンドに避難しました。
  なお、今回の訓練には水口消防署から5名の署員さんにも立ち会っていた
 だき、避難状況などをチェックの上、講評してもらいました。
   



中学2年生「職場体験」実施中です。 

   9月12日(月)〜9月16日(金)の間、中学2年生の生徒たちは、
  中学生チャレンジウィークの取り組みとして、5日間の職場体験学習を
  実施中です。
   体験場所は、市内をはじめ近隣の市町の様々な事業所です。この体験
  学習を通じて、「働くこと」の意味や自分の進路などを考えるきっかけに
  なればと思います。
   体験学習の詳しい様子はおって掲載の予定です。

     
   



エコキャップ回収運動を行いました。



  生徒会では、東風祭の時期に合わせて、「エコキャップ回収運動」を実施しました。
期間中に集まったエコキャップ、合計11,610個を、NPO法人エコキャップ推進協会さんに寄付しました。
回収されたエコキャップは、再生プラスチック原料として換金され、医療支援・ワクチン支援や障がい者支援、
子どもたちへの環境教育等、様々な社会貢献活動に利用されるとのことです。





高校1・2年生を対象に『大学出張講義』が行われました。



  

7月11日(月)5〜6限に、高校1・2年生を対象にした『大学出張講義』が行われました。
  この講義は、現在各大学で教鞭を執っておられる先生方を本校に招いて、大学での講義と同様の
講義をしていただくものです。
  講義は、文学(国文学)、心理学、経済学、教育学・教員養成、保育・幼児教育、理学・バイオ・農学、
体育学、芸術(美術)、看護学など21の分野にわたって開催され、生徒たちはそれぞれ希望の
講義を受けました。
  さすがに大学講義とあって内容もレベルが高く、生徒たちにとって少し難しいものでしたが、
専門性が高く奥深い内容に、みんな熱心に受講していました。
  高校に居ながらにして、しかも高校1年生から大学の本物の授業が受けられるという非常に有意義な
時間を持つことができました。


野球部3回戦進出


4月29日(金)に湖東スタジアムで行われた「平成28年度春季近畿
地区高等学校野球滋賀県大会」2回戦に本校野球部が登場。5―3で
長浜北高に勝ち、3回戦進出を決めました。翌日行われた3回戦では
惜しくも1−3で守山高校に敗退。準々決勝進出はなりませんでした。


生徒会による「熊本地震募金活動」にご協力ありがとうございました。



   

去る4月26日(火)・27日(水)の両日、アル・プラザ水口店において、中学・高校の
   生徒会による「熊本地震募金活動」を行いましたところ、合計87,972円の募金を
   集めることができました。
    集まったお金は、京都新聞社会福祉事業団を通じて、被災者の方々への救援金と
   して寄付させていただきました。ご協力いただきました皆様 ありがとうございました。



高校1年生 課外研修の様子

 

4月27日(水)は、学年ごとに課外研修に出かけました。
   1年生の行き先は三重県菰野町にある「グリーンランドあさけ」です。
   クラスごとに分かれ、一路バスで向かいました。
   現地到着後には、さっそく飯盒炊飯です。メニューはカレーライスと班ごとに考えたサイド
  メニューやデザート。
   班に分かれて作業を開始しましたが、なかなか火が起こせない班や火加減に苦労する班、
  煙まみれになる班などなれない手つきで苦戦している様子も見受けられました。
   でも、最終的にはおいしい食事ができあがり、みんな満足顔で昼食をとっていました。
   この日は昼から雨が降るとの予報でハラハラしていましたが、雨も降らず、食事のあとは
  川遊びや散歩など思い思いに楽しんでいました。
   水口東高校に入学して初めての団体行動でしたが、クラスメートとの交流が深められ、有意
  義な時間を持つことができました。

     
     
     







課外研修に行ってきました。



 

  4月27日(水)は学年ごとに課外研修に出かけました。
  行き先は、
     1年生がグリーンランドあさけ(三重県菰野町)、
     2年生は京都方面、
     3年生はナガシマスパーランド(三重県桑名市)   でした。
    あいにく午後からは雨が降ったところもあったようですが、無事に研修は
  終わりました。
   研修の詳細は追って掲載します。





生徒会による「熊本地震募金活動」を行いました。


   4月26日(火)午後4時から5時まで、アル・プラザ水口店で中学校・高等学校の
  生徒会による「熊本地震募金活動」が行われました。
   この活動は、地震発生から1週間を迎え、避難生活をおくっておられる被災者の
  方々を支援しようと生徒会が企画しました。
   この日は中学・高校の生徒会から8人のメンバーが参加。店舗の入口2か所に
  分かれて募金活動を実施。
   メンバーは来店者の方に大きな声で募金を呼び掛け、来店者の方も気持ちよく
  募金に協力してくださる姿が数多くみられました。
   なお、この募金活動は、4月27日(水)にも午後4時から5時まで、同じくアル・プ
  ラザ水口店で行われます。

 

 

 

 






演劇部が新入生歓迎の公演を行いました!



   4月14日(木)・15日(金)の放課後、演習室Tで演劇部が新入生歓迎の公演を
  行いました。
   上演された作品は、演劇部員のオリジナルで上演時間約10分の短いものでし
  たが、部員たちは熱演!
   演習室と目立たない場所での公演ではありましたが、2日間で30名程度の観客を
  集め、会場は大いに盛り上がっていました。



吹奏楽部が新入生歓迎演奏を行いました♪



   4月15日(金)放課後、中庭で、吹奏楽部が新入生歓迎演奏を行いました。
    吹奏楽部の新入生歓迎演奏は毎年恒例となっています。この日は花壇の花も
  咲きそろった中庭に吹奏楽部員が勢ぞろい。大勢の観客の前で、メドレー曲を
  含めて3曲演奏されました。聴衆からアンコールの声が飛び出し、さらに1曲アン
  コール曲が演奏されました。
   ときに繊細で、ときにパンチのきいた吹奏楽の調べが聴衆を魅了したひととき
  でした。

 

 

書道部がパフォーマンスを披露しました!



   4月14日(木)の放課後、中庭で、書道部が書道パフォーマンスを披露しました!
   新入生歓迎のパフォーマンスは、『桜』をテーマにした中学生部員のパフォーマンスと、
  『夢』をテーマした高校生部員のパフォーマンスの2部構成。
   あいにく強風の悪いコンデ ィションのなかでしたが、音楽に合わせて、部員たちが
  色鮮やかな文字をテンポよく書く様子は「お見事!」のひとこと。観客からは大きな拍手が
  寄せられていました。
   最後は、中学・高校の出来上がった作品が並べて披露されました。

 

 

 

 




離任式が行われました



     4月12日(火)6時間目、体育館で「離任式」が行われました。
      離任式は、3月末で水口東をご退職・転出された先生方をお招きして、中学・高校の
     在校生に対してご挨拶をいただく式です。
      式では、ご転出された先生お一人お一人から、水口東での思い出や在校生たちへの
     励ましの言葉をいただきました。
      最後は、生徒代表から先生方に花束が贈られ、式は幕を閉じましたが、離任式終了後も
     名残を惜しむように、転任される先生を廊下で、いつまでも生徒たちが囲んでいる光景が
     印象的でした。



対面式が行われました


    4月12日(火)5時間目、体育館で対面式が行われました。
   対面式というのは、中学・高校それぞれの新入生と在校生が、顔合わせを行う毎年恒例の
   セレモニーです。
    式は中学・高校それぞれの生徒会長のあいさつで始まり、続いて中学・高校それぞれの
   新入生代表のあいさつがありました。このあと、在校生から学園祭等、水口東の学校生活の
   紹介があり、クラス対抗のゲームで盛り上がった後、式は終わりました。



入学式を行いました☆



    平成28年4月8日(金)午後2時から、多くの御来賓や保護者の方に御列席いただき、
   第42回滋賀県立水口東高等学校入学式および第14回滋賀県立水口東中学校の入学
   式を行いました。
    吹奏楽部の演奏で新入生が入場すると会場からは大きな拍手がおこりました。
    国歌斉唱に続いて、合唱部員を中心に全員で校歌を斉唱しました。
    校長式辞では、新入生に対して高校生として、中学生として、水口東生として過ごしていくに
   あたって心に留めておいてほしいことのお話がありました。
    その後、新入生代表による力強い宣誓があり、最後に、吹奏楽部の素敵な歓迎演奏があり、
   式に花を添えてくれました。




新年度スタート!!



   平成28年4月8日(金)午前9時10分から「新任式・始業式」が行われました。
   新任式では、平成28年度、本校に新しく赴任した教職員が紹介され、続いて、新転任者
  代表の校長先生からあいさつがありました。
    続いて行われた始業式では、校長から新年度スタートにあたって心がけてほしいことなどに
  ついてお話がありました。
    始業式終了後は、大掃除を行い、その後、新クラスでのホームルーム(学活)があり、新年度
  初日は終了しました。





壮行会が行われました。

  7月19日(火)3限に、体育館で、21日から開催される夏季総体や
 文化部行事などに参加するクラブへの壮行会が行われました。
  壮行会では、各クラブ代表から、それぞれ大会に向けての決意が
 表明され、最後に校長先生からの激励の言葉と選手宣誓で幕を閉じ
 ました。みなさんの健闘を祈念しています。
       
       
       
       




中学2年生「マナー講座」を実施しました。


   6月27日(水)3・4限に、中学2年生「マナー講座」を実施しました。
   この講座は、9月に予定している「職場体験」の事前授業の第2弾として、
  仕事に対する心構えと、社会人としてのマナーを学び、職場体験で実践できる
  ようにと企画されました。
   講座では講師の方から、マナーの基本である「あいさつ」について、立ち方、
  お辞儀の仕方などを、実技も交えて2時間みっちり教えていただきました。
     
     




中学2年「職業人講話」の授業がありました。



   6月15日(水)5〜6時間目に多目的ホールで、2年生を対象に「職業人講話」の
  授業がありました。
   この授業は、今年9月に予定している「職場体験」の事前学習として、職業人として
  活躍されている方からお話を聞くことによって、働くことの意義や苦労などを知り、正
  しい職業観を持てるように、また、企業や職場で求められる人材は、どんな人かを
  知ってもらうことを目的に企画されました。
   今回の講師は、謙徳産業(株)取締役会長の石津さんです。石津さんには、「産業
  ロボット」をテーマに約1時間お話していただきました。また、ロボットを会場に持ち込み、
  実際に動かしての説明もありました。
   石津さんの実体験を踏まえた熱のこもったお話と、初めて目にする産業用ロボットに
、 職業体験に向けて大いに刺激を受けていたようです。

        




生徒会による「熊本地震募金活動」にご協力ありがとうござい
 ました。



   去る4月26日(火)・27日(水)の両日、アル・プラザ水口店において、
  中学・高校の生徒会による「熊本地震募金活動」を行いましたところ、
  合計87,972円の募金を集めることができました。
   集まったお金は、京都新聞社会福祉事業団を通じて、被災者の方々へ
  の救援金として寄付させていただきました。ご協力いただきました皆様
  ありがとうございました。



中学1年生 宿泊研修を行いました。



   4月27日(水)〜28日(木)1年生が、彦根市の荒神山自然の家で宿泊研修を
  行いました。
   現地到着後、ただちに「入所のつどい」が行われ、荒神山自然の家の山本所長
  さんから、ごあいさつがありました。続いて、生徒代表からあいさつがあり、校歌斉
  唱で、つどいは終了しました。
   その後、オリエンテーション、続いて各自ベッドメイキングなどを行いました。
   昼食を挟んで午後からは、A組はPA活動を、B組は創作活動で焼き杉にチャレ
  ンジしました。PA活動では仲間と協力しながらいろいろなゲームを進めました。
  焼き杉では、イルカやタツノオトシゴなどを楽しみながら作っていました。
   夕方には1日の反省や感想を書く時間が設けられ、それぞれ感想などを書いて
  いました。
   夕食後は、交流係を中心に約1時間ゲームで大いに盛り上がりました。その後、
  入浴、就寝で一日目は終了しました。
   2日目は6時に起床、身支度を整えた後、朝食前に「朝のつどい」があり、旗の
  掲揚やラジオ体操を行いました。
   朝食後は、荷物の整理や部屋の片づけを行った後、午前中のプログラムとして、
  B組がPA活動、A組が焼き杉の創作活動に取り組みました。
   昼食後には「退所のつどい」があり、その後、バスで学校へ帰路につきました。
   あいにくの雨天でウォークラリーなど屋外でのプログラムは実施できませんでした
  が、昼夜を通して、中学校で新しく出会った仲間との交流が深められた有意義な
  2日間でした。

       
       
       





中学2年生 課外研修で京都に行ってきました。



   2年生の課外研修は、4月27日(水) “自分たちで計画すること” “自ら考え行動
  すること”をテーマに班別自主研修を行いました。
   研修場所は京都市内で、事前に作成した行程表に基づき行動しました。
   行程表作成の条件は、金閣寺または南禅寺をチェックポイントとして必ず組み込む
  こと、2か所以上の見学先を入れることです。自ずと班ごとに行き先はバラバラです。
   研修終了後には、班ごとにレポート作成が待っているので、どの班も見学先で資料
  集めや質問をするなど、積極的な姿が見受けられました。
   慣れない京都で、しかも生徒だけでの行動で少々不安もありましたが、みんな無事に
  研修を終えることができました。

         
     
   






中学3年 課外研修を行いました。



   3年生の課外研修は、4月28日(木)京都市にある立命館大学国際平和ミュージアムと
  立命館大学衣笠キャンパスを訪問しました。
   最初に訪れた国際平和ミュージアムでは、みんな真剣にガイドの方のお話に聞き入って
  いました。今回の研修が、これからの平和学習や修学旅行に向けての学習に役立てばと
  思います。
   また、午後からは立命館大学衣笠キャンパスを訪問。昼食は、各自「学食」を利用しての
  ランチタイムとなりました。大学生に交じっての、初の「学食」をみんな楽しんでいたようです。
   その後、キャンパスを見学したり、お話を聞いたりしました。大学の敷地の広さ、建物の
  大きさや多さに、圧倒されていたようでした。

            
       
     





生徒会による「熊本地震募金活動」を行いました。



   4月26日(火)午後4時から5時まで、アル・プラザ水口店で中学校・高等学校の
  生徒会による「熊本地震募金活動」が行われました。
   この活動は、地震発生から1週間を迎え、避難生活をおくっておられる被災者の
  方々を支援しようと生徒会が企画しました。
   この日は中学・高校の生徒会から8人のメンバーが参加。店舗の入口2か所に
  分かれて募金活動を実施。
   メンバーは来店者の方に大きな声で募金を呼び掛け、来店者の方も気持ちよく
  募金に協力してくださる姿が数多くみられました。
   なお、この募金活動は、4月27日(水)にも午後4時から5時まで、同じくアル・プ
  ラザ水口店で行われます。