本文へスキップ

スクールライフ


トップページ>スクールライフ>ドリームプロジェクト

ドリームプロジェクト



 

■ SGHアソシエイト


【28年度】

ミシガン州立大学連合日本センターで英語研修を受講しました

   6月11日(土)、彦根市にあるミシガン州立大学連合日本センター(JCMU)で英語研修を受講しました。
   この研修は、MCGC(水口東スーパーグローバルクラブ)の活動の一環で、マレーシア派遣研修やオーストラリアからの留学生の受け入れなどの交流事業の事前研修を兼ねて企画されました。
   当日は、開校式に続いて、JCMU外国人講師による英語研修がありました。
  午後からは外国人留学生とのワークショップ。最初に“Show and Tell”と題して自己紹介や簡単なスピーチを行ったり、留学生に質問したりしました。
   続いて、“Let’s introduce Koka to the world!”の時間。今回は甲賀市からの依頼を受けたPR担当の高校生が、海外からのゲストを集めたセミナーで甲賀市の認知度を高め、多くの外国人に甲賀市に来てもらうための企画をプレ
  ゼンテーションするという設定で、グループに課題が与えられました。
   最後のプレゼンは熱心に取り組んだ成果が出て、どのグループも英語で堂々と発表しました。
   All Englishの一日は、生徒同士のつながりを深め、また今後の交流事業に向けて非常に役立つものとなりました。

      





<27年度>

2015年度(H27年度)本校のSGHアソシエイト校としての取組みを紹介します。

2015年度(H27年度)、本校はSGH(スーパーグローバルハイスクール)アソシエイト校としての認定を受け、さまざまな活動を行ってきました。1年間の取組みのようすをまとめましたのでご覧ください。


幸せと豊かさについて考える〜近江商人に学んで〜
 2015年度水口東探求プログラムの実施報告です。


12月19日京都大学で開催された滋賀県高校生研究発表集会に参加し、本校の探求プログラムの成果発表を行いました。





滋賀大学教育学部を訪問しました。

12月18日(金)、21日(月)に高大連携プログラムの一環として、滋賀大学教育学部の「教職探求講座」に東大津高校と合同で参加しました。そのときの様子はこちらです。



「SGH教育活動講演会」を開催しました。

  11月16日(月)6・7限、高校2年生を対象に「SGH教育活動講演会」を開催しました。
  この講演会は、「即興型英語ディベートを用いたプレゼンテーションスキル・思考力・表現
 力育成」を目的に2回シリーズで実施されます。
  講師は大阪府立大学の中川先生ヒューマン・ブレインの6名の先生方です。
  第1回目の今回は、「講義とモデルディベート・ディベートの実践@」と題して、6限は体育
 館で全員そろって講義を受け、7限はホームルーム教室に戻って、クラスごとに4つのチー
 ムに分かれてのディベート実践を行いました。
  伝えようとする気持ちから皆一生懸命、知ってる単語を使ってスピーチを行っていました。
  次回は来年1月18日に「ディベート実践A」が行われる予定。今からみんな心待ちにして
 います。

      







「学びのコーディネーター」出前授業が行われました。

  11月18日(水)16時から、スーパーグローバルクラブ第1回の活動として、大会議室で
 「学びのコーディネーター出前授業」が行われました。
  講師は京都大学大学院経済学研究科経済資料センターの 三重遷一さんで、「縮小する
 都市の時代を考える」と題して1時間の講義がありました。
  講義の中では、ディスカッションも行われ、終了後には大学紹介や進学相談の時間もあり
 ました。

  








「甲賀探究」企業訪問を実施しました。

  11月12日(木)午後から、高校1年生が「甲賀探究」の一環として、市内の各企業を
 訪問しました。
  この取り組みは、
   @世界に対する視野を広げ、自分の興味・関心あるものを探りながら視野を広げていく。 
   A興味・関心ある分野と「仕事」との関連について学ぶ。
   B地域の現場(職場)を訪問し、現実の「仕事」を通じて世界への視点を持つ。
   C「働く」ことの意義について考える。  
   ことを目的としています。
  今回、生徒たちは、それぞれ興味・関心のあるテーマに基づき、訪問先を選び、事前
 学習を行ったうえで、地域の職場を訪問しました。
  訪問先では、進行役も生徒たちが担当。各職場から概要説明等を受けた後、事前学
 習で用意した質問に基づき、説明を受け、学習を深めました。また、訪問先によっては、
 ディスカッションや現場見学もありました。
     [ご協力いただいた事業所様]
      ・甲賀市国際交流協会
      ・公益社団法人甲賀湖南人権センター(あすぱる甲賀)
      ・一般社団法人水口病院
      ・甲賀市商工会青年部
      ・株式会社水口テクノス
      ・甲賀農業協同組合
      ・バイエル薬品株式会社
      ・株式会社あいコムこうか
      ・京都大学MU生存圏研究所MUレーダー
      ・NIE推進協議会                 (順不同)

     国際交流協会 甲賀湖南人権センター

      水口病院 甲賀市商工会青年部     水口テクノス 甲賀農業協同組合     バイエル薬品 あいコムこうか     京大生存圏研究所MUレーダー NIE推進協議会




『第2回甲賀探究講演会』を行いました。

平成27年度10月19日(月) 7限に、第2回甲賀探究講演会を行いました。

報告はこちらです
 


「甲賀探究講演会」を開催しました。

  9月14日(月)7限、高校1年生を対象に「甲賀探究講演会」を開催しました。
  この講演会では、滋賀県立大学の先生を講師に招き、体育館と格技場の2会場で別々の
 講座を同時開講しました。
  体育館では上田先生が「地域に学ぶ、自分と出会う」と題して、格技場では高橋先生が
 「私たちの買物と世界の森林・日本の森林」と題して講演が行われました。
  上田先生のお話のなかでは、「地域は『斜交場』である」、「地元学では当たり前の中にある
 凄さ、何もないと言いながら何十年、何百年と続ける力を考えることが必要」「学校の中では
 学べない「知識」ではなく「身識」に注目」といった言葉が印象に残りました。
  高橋先生からは、私たちの買物が森林に影響を与えていることや、日本の森林と世界の
 森林についてや、経済学でみる森林とのつながりについてなど興味深いお話をしてください
 ました。

    




2015年度オーストラリア研修について報告します。

    報告はこちらです



マレーシアの中高一貫教育校の生徒と交流しました。

   9月18日(金)午後、マレーシアの生徒を本校に受入れ、交流しました。
   今回本校を訪れた SMK SUBANG BESTRI も中高一貫教育校で、中学生16名・
  高校生20名・教職員4名の総勢40名の一行が、日本への研修旅行の一環として、本校
  生徒と交流しました。
   まず最初に、ウェルカムセレモニーが行われました。セレモニーでは、マレーシアの生徒
  さんによる流暢な日本語によるスピーチや踊りの披露があり、大いに盛り上がりました。
   その後、マレーシアの生徒が、中学生2グループ、高校生4グループに分かれて、多目的
  ホールやCALL教室などに移動し、授業を受けました。
   授業では、自己紹介に続いて、マレーシアの生徒たちも交じってのグループ学習を行いま
  した。グループ討議のテーマは「豊かさについて」です。日本・マレーシア、それぞれの文化
  や風習の違いなどを反映した意見交換が行われていました。
   締めくくりはフェアウェルセレモニーを行い、最後に正面玄関の階段で記念撮影を行いま
  した。
   短い時間ではありましたが、SMK SUBANG BESTRIの生徒と本校生徒はあっという
  間に仲良くなって、お互い名残を惜しんでいました。

  
 ウェルカムパーティ マレーシア生徒の踊り  授業(中学:HR)  授業(中学:HR) 授業(高校:多目的室)  
 授業(中学:CALL教室) フェアウェルパーティー(両校校長)
  全員で記念撮影





海外派遣研修だより

  8月21日(金)から8月28日(金)の間、海外派遣研修事業として、本校中学・高校生
 25名がオーストラリアのヒルブルック・アングリカンスクールを訪問しました。
  現地ではホームステイしながら、語学研修等を行いました。

研修だより

◇8月22日(土)
  本校海外派遣研修一行は、1時間遅れで無事にオーストラリアブリスベンに到着しました。
 その後、現地校でホストファミリーと対面し、それぞれ各ホームステイ先へと向かいました。
  今日、明日はそれぞれのホストファミリーと休暇を過ごす予定です。

  

◇8月24日(月)
  オーストラリアの連携校、ヒルブルックアングリカンスクールでの研修を実施しました。
 生徒会による歓迎会があり、授業体験を行いました。また、本校生徒による本校紹介や日本の
 文化等についてのプレゼンテーションを行いました。
  一日の日程を終え、生徒たちはそれぞれのホストファミリーのもとへ帰って行きました。

   
     

◇8月25日(火)
  連携校での研修2日目は、理科や体育などの授業に参加しました。緊張も解け、ランチタイム
 にはバディ以外の生徒と談笑する姿も見られました。
  昼にはバーベキューパーティを開いてくださり、交流を深めました。

   



****************************************

☆ヒルブルック・アングリカンスクールでの授業の様子

  日本語の授業1  家庭科  日本語の授業2 日本語の授業3   歴史 日本にはないドラマ(演劇)の授業)     数学理科の実験 体育 

***************************************

◇8月26日(水)
  連携校での最終日は武術工学の先生のご指導のもと、キーリング作りから始まりました。
  昼にはフェアウエルパーティが開かれ、ホストファミリーやヒルブルックアングリカンスクー
 ルの生徒たちと感動的なお別れをした後、ゴールドコーストへと移動しました。
  市内見学をした後、今日はゴールドコーストで宿泊します。

      

  

◇8月27日(木)
    オパール博物館やカラビンビーチ、カラビン公園を見学しました。
    ホテルで夕食をとった後、深夜の飛行機で日本に向かいます。

 




滋賀県立大学環境科学部を訪問しました。
 8月11日(火)中学生23人、高校生16人が滋賀県立大学環境科学部を訪問しました。
 その時の様子はこちらです



京都大学こころの未来研究センターを訪問しました。

  8月4日(火)高大連携事業の一環で京都大学こころの未来研究センターを高校生19人が
 訪問しました。
  その時の様子はこちらです
  また、こころの未来研究センターのホームページで紹介されています。
            http://kokoro.kyoto-u.ac.jp/

 


台湾の中高一貫教育校の生徒と交流しました。


  5月27日(水)台湾の台南市にある瀛海(えいかい)中学校からの生徒を本校に受入れ、
 交流を行いました。
  瀛海中学校は私立の中高一貫教育校で、今回、中学生11名・高校生13名の一行が、
 日本への研修旅行の一環として滋賀県を訪問されましたが、同じ中高一貫教育校がご縁で
 本校への来校となりました。
  当日は、ウェルカムセレモニーに始まって、その後、グループに分かれ、中学・高校の各教室で
 授業を体験しました。授業は国語、数学、英語、美術や書道など多岐にわたりました。
  お昼休みには、それまで一緒に授業を受けていた本校生徒と昼食をとりました。
  午後からも授業体験があり、放課後は茶道部などでクラブ活動体験や見学を行いました。
  締めくくりはフェアウェルセレモニーを行いました。短い時間ではありましたが瀛海中学校の生徒、
 本校生徒ともに名残を惜しんでいました。
  瀛海中学校との交流事業詳細は追って掲載します。

 


ウェルカムセレモニー
 
書 道
 
英 語
 
国 語
 
音 楽
 
体 育
 
多目的ホール
 
茶道体験
 
フェアウェルセレモニー
 
全員で記念撮影










<26年度>

聞き取り体験・全校生徒の前で発表を行いました。

  12月22日(月)の終業式後、全校生徒の前で、代表に選ばれた2グループが聞き取り体験の発表を行いました。

 終業式での発表に先立って、各クラスで、全員が自分たちの訪問先について発表を行いました。その後、学年代表8グループを選び、その中から、さらに生徒推薦・教員推薦による2グループを選びました。

 当日はまず、1年4組女子グループが、バイエル薬品株式会社について発表しました。分かりやすく、丁寧に作られたパワーポイントにより、バイエル薬品の取り組みがよく分かりました。

次に、1年5組男子グループが、JAこうかについて発表しました。クイズをはさむなどの工夫を凝らした発表で、JAこうかの取り組みを楽しく知ることができました。

およそ1000人の聴衆を前に自信持って堂々と発表を行い、今後、自分たちが体験を行う中学生たちにとっても参考になったことと思います。

 

 




高大連携プログラム(対象:本校1・2年生)報告C
   滋賀大学での研修の様子を報告します。



高大連携プログラム 滋賀大学教育学部 「教職探究講座」 に参加しました。

  12月18日(木)・19日(金)の2日間(それぞれ午後)、大津市にある滋賀大学教育学部で
 行われた『教職探究講座』に東大津高校と合同で参加しました。本校からは高校1・2年生の
 40名が参加。
  1日目は開校式に続き、第1講「教職をめざす」、第2講「これからの時代が求める教育と教
 師像」の2講義の後、3講目は「先輩に学ぶ」と題して、水口東・東大津の両校卒業の大学生と
 の懇談交流会が行われました。
  2日目は、第4講「子どもが”こころ”に気づくとき」、第5講「教師のおもしろさと仕事」の講義が
 あり、最後に閉講式で代表者に修了認定証が授与されました。
  閉講後には、Tea Partyを開いてくださり、前日の「先輩に学ぶ」の時間とは、違ってリラックス
 した雰囲気の中、両校のOB・OGさんや大学の先生方からいろんなお話を聞かせてもらえまし
 た。

    




高大連携プログラム(対象:本校高校2年生)報告B
   東京藝術大学での大学研修の様子を報告します。




オーストラリアからの留学生in水口東 2日目の様子(その2)

<9月29日(月)その2>
  授業終了後、留学生たちは出発の準備を整え、午後4時45分からはセミナーハウスで「サヨ
 ナラパーティー」が行われました。パーティーには、留学生一行、ホスト役の生徒のほか、ホスト
 ファミリーの方も出席くださいました。
  パーティーは、ヒルブルック アングリカン スクール(HAS)引率者のマーガレット先生からお礼の
  あいさつに続き、留学生代表生徒あいさつ、水口東生徒代表のあいさつがありました。

   マーガレット先生のあいさつ 留学生代表のあいさつ


  この後、水口東生徒による「上を向いて歩こう」合唱、留学生全員による歌が披露されました。
  続いて、水口東 三好校長からお別れのあいさつがあり、修了証書が留学生代表に手渡されま
 した。

   水口東「上を向いて歩こう」 留学生による歌の披露

 
 三好校長から修了証書を交付


  最後に留学生へ記念品贈呈があり、パーティーは幕を閉じましたが、出発時間までのフリー
 タイムには、留学生、水口東生徒、ホストファミリーの方々、それぞれが別れを惜しむ姿が印象
 的でした。

  

                                出発までの短い時間 別れを惜しむみんな


  留学生一行は電車で、次の目的地京都に向かうため、歩いて本校を後にしましたが、本校
 生徒、ホストファミリーの方、教職員が見送りのため水口駅まで同行。電車が見えなくなるまで
 手を振っていました。

  水口東にとって初めての「短期留学研修」受入れは、短い期間ではありましたが、ホスト役の
 生徒だけでなく水口東の生徒全体に大きなものを残した貴重な時間になったようです。




オーストラリアからの留学生in水口東 2日目の様子(その1)

<9月29日(月)その1>
   ヒルブルック アングリカン スクール(HAS)一行 水口東での2日目(最終日)の様子です。
   この日は、1時間目から水口東の生徒に交じって通常どおりの授業を受けていました。
   慣れない日本語の授業には苦労していたようですが、それでも一生懸命に授業に取り組んで
  いました。  

 


   この日も、お昼休みは教室のほか中庭のベンチで和気あいあいでお弁当を食べていました。

  


   午後には地理の特別授業がありました。パソコンや地図を使っての内容で、留学生たちも
  熱心に聞き入っていました。 

  


   この日は、月曜日で7時間目まで授業でした。授業の終わりにはクラスごとにお別れのセレ
  モニーが行われました。水口東ではたった2日間でしたが、各クラスとも留学生と仲良くなって
  いたようで、記念撮影などで盛り上がっていました。




オーストラリアからの留学生in水口東 初日の様子

<9月26日(金)>
  ヒルブルック アングリカン スクール一行(17名)の今日の様子です。
  まずは、朝のショートホームルームで、それぞれが受入先のホームルームに向かい自己紹介。
  黒板に「WELCOME」と書いたり、オーストラリアの旗を飾ったりで各教室とも熱烈歓迎でした!
                 

  その後、1時間目は、本校ALTから水口東の概要や校舎の案内がありました。
  2時間目は2班に分かれ、音楽と美術の授業を受けました。
  美術の授業ではプラバンというアクセサリーを作り、ホストファミリーの相手と交換していました。
                                    

  3・4時間目は、受入先のクラスで本校生徒に交じって通常どおりの授業を受けていました。

  お昼休みは、ホームステイ先で作ってもらったお弁当を、クラスのみんなと和気あいあいで食べて
 いました。
       

  午後は特別メニュー。5時間目は書道。慣れない手つきではありましたが、筆を片手に「秋桜」
 「夕暮れ」「平和」の文字を思い思いに書いていました。  

  


  6時間目は邦楽。琴の授業です。「さくら♪さくら♪」の曲を先生の手ほどきで練習。
 授業の終わりにはみんなで合奏しました。

   



  授業が終わってからも行動的です。ホストファミリーの生徒の所属するクラブに飛び入り
 参加。サッカー、ソフトテニス、剣道や演劇、ESSなど水口東の生徒に交じって楽しんで
  いました。
   
  週末は、ホストファミリーの皆さんと過ごすことになります。

   ソフトテニス部 ソフトテニス部   サッカー部 剣道部   ESS 演劇部





オーストラリアからの留学生がやってきました!

  9月25日(木)午後3時頃、オーストラリア ヒルブルック・アングリカン・スクールから17名の
 生徒さんと引率の方2名が水口東に到着しました。
  3時半からは、ホストファミリーの方との対面式があり、その後、それぞれホームステイ先に向
 かいました。。
  滞在は9月29日(月)までで、9月26日(金)や29日(月)は、水口東の生徒と一緒に授業を
 受けたり、交流事業も行われます。

   

  





高大連携プログラム(対象:本校高校生、本校中学生)報告A
 京都大学での授業体験やキャンパスツアー等の様子を報告します。



高大連携プログラム(対象:本校高校生、本校中学生)報告@
 滋賀県立大学での授業体験やキャンパスツアー等の様子を報告します。