本文へスキップ

在校生・卒業生の皆さんへ


トップページ>在校生・卒業生の皆さんへ>罹患証明書

出席停止届出・罹患証明

下記の病気に感染した場合は出席停止の取り扱いになります。

 疾  病  名  出 席 停 止 期 間
  インフルエンザ   発症した後5日を経過し、かつ解熱後2日を経過するまで
  百日咳   特有の咳が消失、または5日間の抗菌性物質製剤による治療終了まで
  麻疹(はしか)   解熱した後、3日を経過するまで
  流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)   腫れが出た後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで
  風疹(三日はしか)   発疹が消失するまで
  水痘(水ぼうそう)   すべての発疹が痂皮化するまで
  咽頭結膜熱(プール熱)   主要症状が消退した後、2日を経過するまで
  結核   感染のおそれがないと認められるまで
  その他の感染症
 (マイコプラズマ感染症、流行性結膜炎、
  流行性嘔吐下痢症など)
  感染のおそれがないと認められるまで (医師の指示による)
 
出席停止の扱いとするためには、次の種類が必要になります。中学と高校で様式や提出するものが違うのでご注意ください。

〔中学校〕
インフルエンザの場合(@Aを提出してください。)
     @インフルエンザ罹患報告書(保護者による記入)
     Aインフルエンザにかかったことがわかる書類(病院の領収書や薬の領収書等)

インフルエンザ以外の疾病の場合
     出席停止の届け出(受診された病院で記入されたもの)


〔高等学校〕
罹患証明書 または 診断書(受診された病院で記入されたもの)PDF